弁護士費用について

| 未分類 |

借金問題解決の為の弁護士を選ぶ上で欠かせない要素なのが依頼費用です。

 

 

債務者側からすれば、借金を抱えている状態ですから、依頼費用を捻出する事自体、難しいはずです。
どうしても資金が足りない場合は、その専門家への支払い方法に注目してみましょう。
借金問題解決を請け負ってくれる専門家の中には、後払い、分割払いを受け付けている事もあります。
手続きに関する費用が足りない場合、このような良心的な専門家に、手続きを代行してもらいましょう。

docter02_l

 

 

 

 

直接、専門家の事務所に向かう事も悪くはありません。
ただ、個人的には役所、債務者を支援している専門機関などから紹介してもらう事をおすすめします。
役所や専門機関であれば、費用が足りない事を考慮して、専門家を紹介してくれるケースがある為です。
専門家選びで何度も足を運ぶと交通費他の出費もありますので、効率よく専門家を選ぶ時に役に立つ知識です。

 

 

最後に各手続きにかかる金額について解説しておきます。
任意整理では、1社着手金2万から5万プラス専門家によっては、成功報酬数%ほどとなっています。
個人再生では、申し立て、官報掲載料などで20万前後、プラス専門家への代行料金30万ほどかかり、合計50万前後かかります。
自己破産では、収入印紙、切手、予納金で2万から数十万(管財事件、同時廃止で料金がかなり差が出ます)、プラス専門家への代行料金数十万となっています。

 

 

一応の目安として覚えておいてください。
上記よりも安く、信頼できる専門家がいれば、その専門家を紹介してもらい、その方に手続きを依頼すると良いでしょう。