債務整理相談における各専門家の違いとは、簡単に言うと借金額によって対応が違います。

弁護士に依頼すると、どのような借金額であっても交渉権、訴訟代理権がある為、任意整理、個人再生、自己破産といった様々な手続きを依頼する事が可能です。
住宅ローンプラス他の借金があるケースでは個人再生、債務者の返済能力に対して借金の額が高額なケースでは自己破産の手続きを選択する事となります。
どちらの手続きも裁判所に申し立てを行い、裁判所で認められて始めて借金の減額、帳消しが為されます。
よって個人再生、自己破産を検討されている場合は、弁護のプロに話を持ち込むべきです。

kodomo03_l

 

 

 

司法書士は基本、140万以下の場合、借金に対して交渉権、訴訟代理権があります。
裁判所は簡易裁判所のみに限られており、地方裁判所では申し立てを代行する事が出来ません。
ただ、依頼費用は比較的リーズナブルです。
よって少額の借金を任意整理で解決するケースでは依頼しやすいはずです。

借金相談を行う前に、各専門家の特徴、メリットなどをしっかり考慮した上で、自分にとってベストな専門家に依頼しましょう。
最終的には、実績や費用だけではなく、債務者が安心して信頼できる専門家を選ぶといった事も忘れないでおいてください。